棗_なつめの仕服_しふく 江戸小紋
  • 店頭価格
商品名:
棗_なつめの仕服_しふく 江戸小紋

別の画像を見る


■棗(なつめ)の仕服(しふく)と御幸籠(みゆきかご)【江戸小紋】オーダーメイド

【江戸小紋~トンボ柄~】

トンボ柄は江戸時代より
「勝虫」といわれ、大変縁起の良い柄とされています。


【男のこだわり・・・小物にこそ!!】

前回『トンボ柄の江戸小紋背広』を制作されたお客様のこだわりと遊び心のお話です。

『トンボ柄気に入ったがネェ~~!!背広オーダーの時に残った布で、他にもトンボ柄で何か作りたいでょ~なんか考えてちょ!!』

う~ん・・・店主とお客様で色々と考えます。

ネクタイ?ハンカチ?・・・どうもありふれた感じです。そういえば、このお客様は風流な方、もしかして・・・
茶道で使用する「お茶入れ棗(なつめ)を仕舞う仕服(しふく)」はどうでしょう?

『棗の仕服?・・・うん。落ち着いたイメージの大人の仕服になりそうだがね!!』

仕立てくれる業者探しが始まりました・・・がなかなか見つかりません。そのうちにお客様が

『もう一つ何か欲しいが~~うん、篭なんか良さそうだがネ。御幸篭(野点篭)を棗の仕服と一緒にトンボで作ってまぉ!!』

というわけで、2点の特注品の制作となりました。仕立の業者もやっと見つかりホット一安心。



男は小物で語る・・・

お客様のお宅でお茶をいただく方、ぜひこの小物達にも目を留めてご鑑賞下さい。



【価格】着物生地の種類、棗の大きさ等により異なります。ご相談下さい。


注文する 来店予約をする