小物を使用する際に気をつけること

ゾーリ・バッグ

ゾーリ・バッグについてよく聞くクレームは、本皮の場合、古くなるとベタつく商品があります。
これは糊の関係で、現在の製品ではあまり見かけません。クリームを少しぬるとベタつきがなくなります。その場の対処法として活用されてはいかがでしょう。
しかし又しばらくするとベタつきは出てきます。

次に、ゾーリも古くなると底の部分が全体に剥がれることがあります。これも古くなり糊の接着性が無くなったからです。
考えようによっては、交換の時期なのかもしれません。ただ、外出先で剥がれるようなことがあるとはずかしい思いをしますので、履く前によくチェックしておくとよいでしょう。

予防法は、風通しの良い所に保管するか、時々空気を入れ替えることぐらいでしょうか?
参考にしてください。

毛皮

変なたとえで申し訳ありませんが、人間の髪の毛も年を取ると細くガサガサになります。だから油をつけます。
子どもの頃には、養分が行き渡っているから髪の光も艶やかです。
人の髪でも年を取れば髪自体油分も無く弱く切れやすくなります。

さて、毛皮は生きてはいませんから新しい養分が入ってくることはありません。
『汚い手で触らないで!!』と言われます。高額な品だからでしょうが、きれいな手なら触ってもらった方が毛皮には良いのです。
以前に弓道をやっている人から聞いた話ですが、弓の先についている羽根は鷹の羽根なんですが、時々その羽根を手で触ってやるそうです。そうすることで油分の補給をすればいつまでもきれいな羽根として利用できるそうです。

さて汚れたら、よく絞った温かいタオルでその部分を軽く拭くぐらいでしょう。
汚さない注意をすることです。あまりゴシゴシ拭いてしまうと、ガサガサになります。
保管もタンスに入れっぱなしはよくありません。よく利用して触りましょう。

着物の選び方 着物の片付け方 着物のお手入れ方法 着物の豆知識 着物用語集 着付け、写真撮影の様子 小物を使用する際に気をつけること 着物の洗い張りについて