着物のお手入れ方法

1. 着物を着た後は、一晩陰干しし湿気を抜いておきます。 左側の見頃の"脇縫い線"にそって中心に向かって折り、"おくみ"の縫い目で折り返し、空気を抜きます。 ※衿は、衿肩開きの位置を頂点にして、三角形におります。

2.右側の"おくみ"を左に持ってきて、"衿下線"にピッタリと重ねます。 ※衿は1.と同じく衿肩開きの一の角を頂点にして三角に折り、2.と重ねます。

3.右側の見頃の"脇縫線"を待ちあげ、手前の見頃の脇縫いに重ね、空気を抜きます。 袖は重ねます。

4.上になった方の袖を"袖付け線"で折り返します。

5.衿先の位置で、裾を折りあげます。 ※折り上げた裾線は肩線の少し手前の位置にして、ぴったり重ねるのは避けましょう。 シワになる場合があります。

6."袖付け"と"振り"をもって、下の袖を着物の下に折りたたみます。

※タンスに保管する場合、安価な品(ゆかた、ウール、長襦袢等)は下の段に、たまにしか着用しない(振袖、留袖、喪服等)は上の段に収納しましょう。又下段に防湿剤(シリカゲル)を入れておくとよいでしょう。

1.紐の端から三角に折り始め、三角の頂点が紐の真ん中にくるように2回おります。

2.五角形になるように、紐の幅に合わせながら折っていきます。

3.最後までおり、紐の端を内側に折りいれておきます。

4.五角形でコンパクト

積み重ねてたたむ方法

1.アイロンをかけてから、親指側に甲を倒します。
2.右足の方を上に重ねます。
※足袋の内側に油性ボールペンなどで合印を書くと、左右がバラバラになりません。

小さくたたみ立てる方法

1上記の同じです。
2.さらに足首の位置で半分におります。
3.折った側同士を合わせます。
※足袋の内側に油性ボールペンなどで合印を書くと、左右がバラバラになりません。

1.肌襦袢を背中心で背中合わせにおります。

2.左右の”袖”を一緒に折りたたみます。

3.”おくみ”を手前に折ります。

4.箪笥のサイズに合わせて”裾”をおります。

1.衿を左前にして広げ、脇の縫い目にそって下前、上前の順番にたたみます。下前の身ごろの半分を 中央に持っていきます。横幅の半分を手前で折り返します。
2.左身ごろも同じく折ります。
3.裾を持って、丈を二つに折り、たとう紙に包みます。

水は絶対につけないで!!
どんなに気をつけていても、着物が汚れてしまうときもあります。
そのような場合には、あわてずに、次の処理をして下さい。

1.すぐに乾いたハンカチで、シミの部分をたたきます。(こすったり、水をつけたりはNGです)
2.自宅に戻ったら、できるだけ早くシミ抜きにだして下さい。

縁加工とは・・・ 正直屋が独自でサービスマークの登録をしている撥水・抗菌加工です。

特徴

1.普通の撥水加工と違い、抗菌加工を施しているため着物の大敵の”カビ”も生えにくくなっています。
2.縁加工をした着物は、着用後の始末を安価で取り扱いさせていただけます。
 ほとんどのしみ抜きのアフターフォローは3,000円(税抜)で対応させていただけます。
 着用時も保管時も安心の特殊加工です。

着物のお手入れを楽にする方法として、一般的に撥水加工を施す方法がよくもちいられます。
この撥水加工を施すことにより、着物に汚れが付きにくくなり、着用後のお手入れ(しみ抜き・洗い)も格段に簡単になります。

正直屋では、この撥水加工に一工夫を加えた縁加工をお勧めしています。

着物の選び方 着物の片付け方 着物のお手入れ方法 着物の豆知識 着物用語集 着付け、写真撮影の様子 小物を使用する際に気をつけること 着物の洗い張りについて