着物・小物のたたみ方

1. 着物を着た後は、一晩陰干しし湿気を抜いておきます。 左側の見頃の"脇縫い線"にそって中心に向かって折り、"おくみ"の縫い目で折り返し、空気を抜きます。 ※衿は、衿肩開きの位置を頂点にして、三角形におります。

2.右側の"おくみ"を左に持ってきて、"衿下線"にピッタリと重ねます。 ※衿は1.と同じく衿肩開きの一の角を頂点にして三角に折り、2.と重ねます。

3.右側の見頃の"脇縫線"を待ちあげ、手前の見頃の脇縫いに重ね、空気を抜きます。 袖は重ねます。

4.上になった方の袖を"袖付け線"で折り返します。

5.衿先の位置で、裾を折りあげます。 ※折り上げた裾線は肩線の少し手前の位置にして、ぴったり重ねるのは避けましょう。 シワになる場合があります。

6."袖付け"と"振り"をもって、下の袖を着物の下に折りたたみます。

※タンスに保管する場合、安価な品(ゆかた、ウール、長襦袢等)は下の段に、たまにしか着用しない(振袖、留袖、喪服等)は上の段に収納しましょう。又下段に防湿剤(シリカゲル)を入れておくとよいでしょう。

1.紐の端から三角に折り始め、三角の頂点が紐の真ん中にくるように2回おります。

2.五角形になるように、紐の幅に合わせながら折っていきます。

3.最後までおり、紐の端を内側に折りいれておきます。

4.五角形でコンパクト

積み重ねてたたむ方法

1.アイロンをかけてから、親指側に甲を倒します。
2.右足の方を上に重ねます。
※足袋の内側に油性ボールペンなどで合印を書くと、左右がバラバラになりません。

小さくたたみ立てる方法

1上記の同じです。
2.さらに足首の位置で半分におります。
3.折った側同士を合わせます。
※足袋の内側に油性ボールペンなどで合印を書くと、左右がバラバラになりません。

1.肌襦袢を背中心で背中合わせにおります。

2.左右の”袖”を一緒に折りたたみます。

3.”おくみ”を手前に折ります。

4.箪笥のサイズに合わせて”裾”をおります。

1.衿を左前にして広げ、脇の縫い目にそって下前、上前の順番にたたみます。下前の身ごろの半分を 中央に持っていきます。横幅の半分を手前で折り返します。
2.左身ごろも同じく折ります。
3.裾を持って、丈を二つに折り、たとう紙に包みます。
4.正絹の長襦袢の場合は絹(シルク)の半衿をつけますが、しばらく着用しない場合は、半衿をはずして保管しましょう。

水は絶対につけないで!!
どんなに気をつけていても、着物が汚れてしまうときもあります。
そのような場合には、あわてずに、次の処理をして下さい。

1.すぐに乾いたハンカチで、シミの部分をたたきます。(こすったり、水をつけたりはNGです)
2.自宅に戻ったら、できるだけ早くシミ抜きにだして下さい。

縁加工とは・・・ 正直屋が独自でサービスマークの登録をしている撥水・抗菌加工です。

特徴

1.普通の撥水加工と違い、抗菌加工を施しているため着物の大敵の”カビ”も生えにくくなっています。
2.縁加工をした着物は、着用後の始末を安価で取り扱いさせていただけます。
 ほとんどのしみ抜きのアフターフォローは3,000円(税抜)で対応させていただけます。
 着用時も保管時も安心の特殊加工です。
 ただし、シミをつけたまま放置するとその部分が変色したり、シミがとれなくなったりします。
 シミは病と同じで、早期発見、早期治療が基本です。早ければ、よほどひどいシミでも10,000円以内で処置することができます。
 見積もりも取れます。担当にご相談ください。

着物のお手入れを楽にする方法として、一般的に撥水加工を施す方法がよくもちいられます。
この撥水加工を施すことにより、着物に汚れが付きにくくなり、着用後のお手入れ(しみ抜き・洗い)も格段に簡単になります。

正直屋では、この撥水加工に一工夫を加えた縁加工をお勧めしています。

着物の選び方 着物の片付け方 着物・小物の片付け方 着物の豆知識 着物用語集 着付け、写真撮影の様子 小物を使用する際に気をつけること 着物の洗い張りについて

呉友会(正直屋積立友の会)ー財務省の認可済み

呉友会とは財務省東海財務局の管理する「資金決済に関する法律(資金決済法)」のもとに運営している積立金方式の友の会のことです。以前は「前払い式証票の規則等に関する法律」といい、昭和50年に同業数十社が集まり、通産省の許可を得て始めた「東海呉服友の会」が前身です。現在は「正直屋呉友会」として、正直屋で運営しています。
正直屋ブログ951号 2020年6月8日 友の会(呉友会)参考
呉友会(正直屋友の会)の積立の一例
一口5,000円を1年間積立していただきますと、60,000円。その金額に10%の加算金(6,000円)が加わり、1年後には66,000円の買物をしていただける積立友の会です。 年に2回、東海財務局に報告、お客様にも残高をお知らせします。 積立は銀行、郵便局の自動引き落としができます。 詳しくは 0120-39-0529

あんしんサポート

コロナ感染予防の為、店内には手の消毒液・空気清浄機・サーキュレーター等が取り付けてあります。
マスク着用のご協力をお願いします。
又、ご予約いただければ、密にならない配慮をいたします。

お客様の声

■尾張旭市のお客様
友の会の掛金をずっと掛けてきた。現在は掛けていないが、年2回掛金の報告ハガキももらっている。又、ほしい品を探しておく。
■小牧市のお客様
昔は招待旅行、観劇会、着付教室、振袖パーティー、浴衣まつり、着物を着る機会がたくさんあった。大きな会場で展示会も開いて、素人モデルのショーや職人の実演もあった。そんな機会もなくなったワネ。
■豊明市のお客様
半衿を購入したら、長襦袢にサービスでつけてくれるというので持って行ってつけてもらった。
■中区のお客様
姉に着せていた七五三の着物を今度は妹に着せようと縫い上げをやり直してもらった。七五三の当日の着付けや写真撮りもやってもらう予定。
■岩倉市のお客様
友の会の掛金で礼服を購入した。以前は展示会でたくさん売られたが、このたびはパンフで何種類か選んで試着して決めた。サイズ直しも出来ると聞いたが、幸いにもピタリあった。
■南区のお客様
メーカー主催の展示会で礼服を購入した。
■千種区のお客様
テレビで宣伝している洗える羽毛肌ふとんを男女ペアで9980円(税込)を購入。西川のもので本当に満足している。
■北区のお客様
今年も郡上踊りがコロナ感染で出来ないようだ。毎年着付けをお願いして楽しんでいる。
■緑区のお客様
DMの代わりでいただく『月刊なごや』はとてもいい。
■東郷町のお客様
男物で単衣のお召の着物をほしいと言われるお客様が来店され、京都の白生地をメーカーから取り寄せ、色を見せ別誂えで作っていただいた長襦袢も単衣で同色、半衿も別染めで染めてもらった。
■名東区のお客様
コロナ感染でもお宮参りはされる6月にするということで夏の訪問着と帯を急ぎで作らせていただいた。近頃は問屋でも在庫がなく、当店での在庫で気に入られよかった。
■日進市のお客様
白目の四ツ巻の絞りの着物を紺色の無地に染め合わせで女性用に作るとか、八掛を紅色でつければ江戸の粋でカッコイイ。これを昔は『キメ色』と言ったとか…。
■豊明市のお客様
民謡をやっておられるのだがさすがに着用回数も多く絽小紋も衿からすそ、袖口と、全体的にヨゴレが有り取れないかと心配したが、きれいになり大変喜ばれた。
■昭和区のお客様
近くにあった呉服屋さんが辞めてしまい、シミ抜きを出す所がなくなってしまい、友人に聞いたら正直屋を紹介された。
■瑞穂区のお客様
正直屋縁の「縁おトク情報」から「医師がすすめる西川の健康枕」を購入したけど、本当によく寝られる。
■天白区のお客様
「縁おトク情報」で「あったか毛布カバー」をすすめられ、羽毛ふとんのカバーにしたら本当にあったかい。
■昭和区のお客様
正直屋縁のHPで女児の宮参りを検索したら19,800円(税別)とあったので店に行ったら、HPに載っていない品もあり、大変満足。
■東郷町のお客様
布団の打ち直しもやっていると聞いたので、やってもらったら、意外に安価だった。
■守山区のお客様
利用しなくなった敷ふとんで段卓の掛布団別誂えで作ってもらった。便利です。
■日進市のお客様
母の着物を洗い張りして仕立直しをしたり、サイズ直しやシミヌキをしてもらってます。 ■中川区のお客様
七五三の着物や夏のゆかたを買い、その記念に写真を撮ってもらいました。一家の記念にラインブログにも載せてもらってます。
■緑区のお客様
パールを購入したんだけど、デパート価格もチェックしてくれた。


●成人式・卒業式・宮参り・婚礼・七五三の購入・レンタル
●ゆかた・小紋・紬のおしゃれ着の購入
●シミヌキ・洗い張り・丸洗い・寸法直しの悉皆(しっかい)
●着付・ヘアー・メイク・写真撮影は店内で(要予約)
すべて正直屋におまかせください。
お問い合わせ
鶴舞本店 0120-39-0529 和合店 0120-52983-1

 
友だち追加数